« 葉山ハーモニーガーデンへ!④ ‐グランドワーク体験その4‐ | トップページ | 葉山ハーモニーガーデンへ!⑥‐ジャック&ダンディとの絆その2 2018.8.1という日‐ »

2018年8月15日 (水)

葉山ハーモニーガーデンへ!⑤ ‐ジャック&ダンディとの絆その1 出会い‐

葉山ハーモニーガーデンとジャック&ダンディって、どんな結びつきなの?と思われる方もおありでしょう。そこで、その出会い、2018.8.1の意味、これからのこと、などなど、両者の絆についてお話しようと思います。今回は、その出会い、です。
株式会社葉山ハーモニーガーデンを経営なさっている下山様ご夫妻が、ジャックとダンディの住むくにたち馬飼舎を訪ねてこられたのが昨年、2017.5.5。星山麻木先生のお導き、です。先生が代表をつとめられている「こども家族早期発達支援学会」の会員でもいらっしゃる奥様の下山美奈子さんが、ホースセラピーをやりたいとのお志を先生に伝えられたところ、ぜひ、ジャックとダンディに会いにいってみたら?と勧められ、それではと、ご一家でわざわざ訪ねて下さったのです。

Photo

(馬場を、思うままに駆ける2頭)

「数日後には馬2頭が家に来るので、その前にと思って。」と、この日しかないというタイミングでお見えになり、それが出会いになりました。今思えば、なぜ?どんないきさつで?どんな計画なんですか?などなど、ホースセラピーを始められることについてお尋ねするのが筋だったはずなのですが、不思議とそんな前置きもなしに、「あ、そういうの、良いですよね」とか、「こんなところが喜んでもらえてるようですよ」とか、「あぁ、そんな活動を目指したいですよね」とか、具体的な話で盛り上がったり、共感したり、とても濃い時間を共有できたのが印象的でした。呼ばせていただけるなら、意気投合、という感じ。

Photo_2

(焼けた砂の感触がうれしい!オーストラリア南緯27度生まれだし)

これから施設周りやプログラムなどを整備されるというお話だったので、私たちの活動や小屋のなか、飼育の方法など見てもらえるものはすべてお見せします!とばかりにご案内しました。馬運車の乗り降りも見ていただいたような記憶が。手作りのパンフや冊子、飼育員デザインのロゴマークをはじめ、馬小屋に泊まれるロフトや、小屋に塗りかけていた柿渋まで、ご覧いただくたびに「いいなぁ!うちもこれ、やろうよ!」と乗り気になって下さるご主人の下山良嗣さまには、なんだか私たちが褒められてるようで大いに励まされました。ジャックとダンディのことも馬にお詳しい目でとても褒めて下さり、手探りで続けてきた私たちの有りようが、こんな風にどなたかの参考になったりするんだな、と自信に繋がる出会いでもありました。

Photo_3

(広い馬場でもつねに寄り添い、シンクロする2頭の挙動)

その後、「だいぶ出来てきました!良かったら遊びに来てください!」とご連絡をいただいたり、ネット上で葉山ハーモニーガーデンの記事が見えるようになったり、どうなさっておいでかしら?と思っていたこの6月の吉日のこと、葉山からパンフレットが届いたのです。そのなかで、出会いの時の「ホースセラピー」という言葉は、グランドワークという新しい方法によって、「ホースハーモニー」という表現に高められていました。紹介されているプログラムは、どれも私たちがお手本にさせていただきたいものばかり。その旨、お礼かたがたお伝えしたところ、とんとん拍子にお話が進んで、8月1日に繋がって行くのです。

次回は、2018.8.1について書きますね。

画像提供:株式会社葉山ハーモニーガーデン

|

« 葉山ハーモニーガーデンへ!④ ‐グランドワーク体験その4‐ | トップページ | 葉山ハーモニーガーデンへ!⑥‐ジャック&ダンディとの絆その2 2018.8.1という日‐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葉山ハーモニーガーデンへ!④ ‐グランドワーク体験その4‐ | トップページ | 葉山ハーモニーガーデンへ!⑥‐ジャック&ダンディとの絆その2 2018.8.1という日‐ »