« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月29日 (金)

2020.5.29 小屋でくつろぐ

清々しいお天気のきょう。朝は、久々に田んぼの畔で青草を食べた二頭。

午後からは強い日差しをさけて小屋で休みました。

2020529

仕切られた部屋で肩を寄せ合うように並んで休んでいます。青草を食べて気持ちが和んでいるのかな?

20205252

そのあとすぐ、ジャックはいきなり横になってました。ずいぶん夏毛になりましたね。

それにしてもこれらのアングル、どこから見てるのかな?と思われる方もおいででしょう。

これこそが馬飼舎の特別仕様!馬小屋の奥に飼育員の詰め所が作り付けてあり(一つ屋根の下ですね)、その仕切りの壁に大きな窓があるのです。そこから小屋の裏から覗いているようなアングルが得られます。バックヤードウォッチの感じです。

なので、トップの画像のように、小屋の奥で入口の方を向いて休んでいる馬たちを裏から見ることができるわけなのでした。

もちろん、窓が素通りでは困るのでマルチワイヤーネット(格子目になっていてフックなんかをかけるやつ)で仕切っていますが、この話は面白くて長くなるのでまた書きます。

 

|

2020年5月10日 (日)

2020.5.10 青草のあと

田んぼで朝から青草を食べたあと、小屋に戻ったジャックが休み始めました。干し草が少し残ってるけどこれで満足したようです。鼻先をおがくずにうずめるのがこのスタイルでの眠り方。深く眠るにつれ頭が左右にゆれはじめ、大きく傾いたところでハッと気づいて立て直したりして、ヒトの電車のなかでの居眠りみたいです。何も気にせず眠りこければいいのに、といつも思うけど、草食動物にとって熟睡は常に危険と隣り合わせ、ということなのでしょうか。

2020510

大きく傾いて頬が床につき、立て直してはまたゆれてを繰り返し、さらに深くなる時は頬からなだれ込むように肩を寝かせて横になります。今日は、このまま起きたので、さほど眠くはなかったもよう。さすがにこの頃は休養充分かも、です。

ダンディは向こうで水を飲んでいて、鼻先がバケツの底に届いてそうだし、バケツが傾いてもいて残り水はわずかのよう。2頭ともよく食べ良く飲み、良く寝てます。

 

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

2020.5.6 良く休んでいます

小雨がふってきて小屋の中。朝は田んぼで生草を食べ、戻ってきて干し草を食べ、水を飲み、塩のカタマリをなめ、ひと息ついたお昼前です。

口もとがゆるみ、ムチャムチャ言わせているのはくつろいだ時の表情。後ろ脚の片方を浮かせて、休んでいます。

202056j

入り口近くにいるジャックと、小屋の奥にいるダンディ。こちらも左の後ろ脚を休ませ、下唇がさがり、耳も緩んで横向きに。瞬きがゆっくりになって、ほぼ寝ています。

静かな日々は、調整のとき。みんなに会いに行く日々の始まりに向けて、充実のときが続きます。

202056d

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »